SSH指定校
 
HOME > 学校概要 > 校長あいさつ> 校長通信 

校長室より

校長通信 >> 記事詳細

2019/01/07

1月の言葉(念ずれば)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校長

 

念ずれば花ひらく

 新しい年が明けました。皆さんがそれぞれ新たな気持ちで歩みだしたと思います。

 私も、残すところ3か月となりました。やり残したことがたくさんありますが、今年も「凡事徹底」と言いましょうか、小さな積み重ねを大事にして、確実に前進、成長していきたいと思っています。

 努力や苦労を重ねることで、本物に達すると思います。残念ながら人は平等ではありません。人が1時間でできることが自分には3時間も4時間もかかるかもしれません。でも、地道に愚直に努力を重ねることで高みにたどり着くと思います。

 高校生、特に3年生は志望校に合格することが自分の花を咲かせることでしょう。どんな花が咲くかは、日々どれだけ地道な努力を続けてきたかということが大きくかかわります。 

 満足な花が咲かなかったとしても、地道な努力を重ねたことは、決して無駄になることはありません。これ以上出来ないと思うくらい一生懸命努力した結果はどんな花が咲こうと美しいはずです。それは、受験の結果だけに止まらず、それ以降の長い人生の確固たる基盤となるものです。時間をかけて努力した積み重ねは、将来のゆるぎない基盤と自信をもたらすに違いありません。

 詩人坂村真民が「念ずれば花ひらく」と言っています。努力をした後は、天命を待ち、こころから念ずることできっと花ひらくと思います。3年生の健闘を祈ります。

(書は、倉澤沙綾先生に書いていただいています。倉澤先生も本校で3年目、3年生と同じ年に本校に着任したということで、特に今回は思いを込めて書いたそうです。)
08:30 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
校長通信キャビネット
 フォルダ
名前
サイズ
作成者
作成日
 
HOME > 学校概要 > 校長あいさつ> 校長通信