平成21年9月7日より

あなたは3672552人目の方です!
 
HOME > 理数科 
理数科卒業生登録は →こちら
 

本校理数科について

☆本校理数科は、理数エキスパートになるために
  「科学的なものの見方・考え方」を育てます。
☆本校理数科は、普通科よりも数学・理科の授業が多く、
  独自の実験・実習・研究を通じ、より深く高度な内容を学びます。
☆本校理数科卒業後は、大学の各理系学部における研究者として
  活躍が期待できます。

1 教育課程
 理科を「理数物理」「理数化学」「理数生物」「理数地学」、数学を「理数数学」という名称の専門科目として学びます。両教科の授業時数は、普通科の理科、数学の授業時数と比較して多いことが特徴です。

2 少人数教育
 
生徒と教員の双方向のコミュニケーション活動の時間を充分に確保し、きめ細かな指導を行っています。
 理数数学
  1・2年次:少人数教育やティームティーチングを実施しています。
 理数物理・理数化学・理数生物・理数地学
  1年次:理数生物,理数地学のいずれかを選択します。
  2年次:理数物理,理数化学ともに20人ずつの少人数教育を実施しています。

3 特色ある教育活動
 本校独自の取組
  ・理化学研究所見学会
  ・野外実習(生物・地学)
  ・数学課題研究・読書感想文
  ・理数科講演会
  ・理科課題研究(校内合宿)
  ・理科課題研究発表会
 外部連携事業
  ・中高生の科学研究実践活動推進プログラム(茨城大学)
  ・HiGEPS(埼玉大学)
 
4 理数に関連する部活動
 物理同好会(物理)、化学部(化学)、生物部(生物)、天文気象部(地学)、パソコン部(情報)が活動しています。
 

日誌

理数科NEWS >> 記事詳細

2017/06/09

川の科学キックオフセミナー開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:教員01
株式会社建設技術研究所の御協力のもと、7月24日(月)から1泊2日の日程で行われる『川の科学』のキックオフセミナーが行われました。

セミナーの冒頭、校長先生の話に耳を傾ける生徒たち。



株式会社建設技術研究所の関根さんの講義の様子。

関根さんの講義は『河川の役割と現状』というテーマでした。
さらに実習テーマを生徒達から引き出すために、防災の視点から『河川を取り巻く自然環境・社会環境』というお話もされました。


株式会社建設技術研究所の野中さんの講義の様子。

野中さんからは生物・環境の視点から『川と動植物』という講義を受けました。
今年は生徒が主体的に研究テーマを考えて実習に臨む予定です。
どんな実習になるか楽しみですね。
18:30 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | その他校外行事
HOME > 理数科