SSH指定校
 
HOME > SSH 
平成30年度からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されました!
 

日誌

SSH
123
2019/07/30

【SSH】1年理数科野外実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
7月24日(水)~25日(木)、理数科1年40名が
神奈川県城ヶ島へ野外実習に行ってきました。

梅雨明け前にもかかわらず天候にも恵まれ、
無事に予定されたすべての実習を行うことができました。

1日目。
まずは三崎にある東京大学大学院理学系研究科付属臨海実験所へ。
黒川准教授より臨海実験所での研究やGFPについての講義を受けました。
純粋な好奇心からの基礎研究の大切さを、改めて感じました。
 
旧館や実習船付近の見学。
 

 

宿泊地である城ヶ島京急ホテルに移動。まずはみんなで荷物運び。。。
 

支度をして、磯採集に出かけます。
  
  
採集した生き物たちは宿に持ち帰り、図鑑で同定した後、海にかえしました。

着替えを済ませて、次はウニの発生観察です。先生のデモンストレーション。
 

ウニから卵と精子を採取し、受精や卵割の様子を観察します。
  
  

お待ちかねの夕ご飯
 
たくさん動いたのでおなかへったね!みんなモリモリ食べていました。
  

暗くて写真が撮れせんでしたが、天体観測も行いました。
火星や木星がはっきり見えました。

お風呂の後もウニの卵割の観察は続きます。
  

2日目。
朝も起きてすぐにウニの卵割を観察。ちょっと眠そうです。。。
 

朝食前の観察が済んだら、ホールの片付けも自分たちで行います。
  

朝ご飯を食べたら、さぁ、最後の実習!地質巡検に出かけます。
城ヶ島は地層の標本と言われるほど地質の世界では有名な場所です。
 

クリノメーターという専用の器具を使って、地層の走行と傾斜をはかります。
  
  

お風呂で汗を流してお昼を食べたら、バスで一路学校へ。
最後の荷物運びと実習のまとめ方の説明を聞き、すべての工程を終えました。
  

でも帰校中にも卵割はどんどん進むのです。もちろん見たいよね。。。
(翌日も観察に来てくれた子たちもいました) 
 

2日間、盛りだくさんの内容で充実した時間を過ごすことができました。
本物に触れたときの感動を、これからも忘れないでほしいと思います。 

15:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告
2019/06/27

【SSH】理数探究(生物・地学課題研究)発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
6月22日(土)理数科2年生の研究発表会がありました。

今回の発表会は、1年生で設定した地学・生物分野の研究テーマについて、
これまで行ってきた実験の成果をまとめたものになります。



3月の発表と同じく、8分間で発表、その後質問に答えます。



今回は1年生の理数科の生徒も参加していたので、
先輩たちに質問を投げかける姿が、とても多く見受けられました。
1年生の課題研究にも期待が膨らみます。



また、最後には校長先生より講評をいただきました。



今回の課題研究を通して得た実験技術や発表法などを活かして、
次の物理・化学・数学分野の課題研究にもつなげていきましょう。
17:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告
2019/06/07

【1年理数総合】東大リサーチキャンパス見学会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
6月1日(土)、理数科1年理数総合の一環として、
東京大学リサーチキャンパス見学会 に参加してきました。


13:22 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 報告
2019/03/19

【SSH】理数探究基礎(生物・地学課題研究)中間発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01

312() 1学年理数科の課題研究(生物・地学)中間発表会が行われました。

生物分野は「ミミズの分解能力」、「ダメージヘアにならないために」など8班、地学分野は「光学迷彩の実現」など3班が発表しました。自分達で設定したテーマについて研究が進んでいます。
6
月の本発表に向け、現時点での問題点や課題など、互いに意見を交わしました。

 

進行中の研究テーマは以下の通りです。

生物分野

・ミミズの分解能力

・プラナリアの個体崩壊について

・きのこを速く多く育てるには

・アリの好む匂い

・エチレンと食べ物の保存の関係

・ダメージヘアにならないために

・ハエトリソウの捕食と成長

Let’s research cockroach’s brain

地学分野

・光学迷彩の実現

・ルビーの合成

・クレーターの大きさ

新たな視点を得て、どう発展していくか楽しみです。


16:56 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告
2019/02/13

【SSH生徒研究発表会】開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
平成31年2月2日(土)、本校しらこばと会館でSSH生徒研究発表会を開催しました。


今年度、取り組んできた生徒たちの課題研究の成果を発表しました。
11:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告
2019/01/26

【SSH】理数科課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
1月26日14:00~
2年理数実験合宿 研究発表会 が行われました。
今年度はしらこばと会館での開催です。
理数科一年生も来年度にむけて発表を見学しています。

昨年見学側として参加していた二年生は発表者として緊張している面持でした。
理科主任のあいさつの後、いよいよスタートです。


研究発表のタイトルは以下の通りです。
研究については物理・化学分野のどちらかを選択し、各班ごとに内容を決めます。

物理1班  「温度計をつくる~電圧計で温度を測る~」
物理2班  「光の強さの急激な変化を調べる~リモコンの信号をキャッチせよ~」
物理3班  「“明暗”や“熱い”を知らせるセンサーシステムの作成」
物理4班  「光の色に対する光センサーの感度特性を調べる」

化学1・2班「新方川再生活用プロジェクト~雑草による水質浄化(再生)と発電を
       科学する~」
化学3班  「究極のクレンジングオイル剤を作ろう」
化学4班  「ラウリン酸とトリデカン酸の凝固点降下の比較」
化学5班  「濃度勾配を測定する新たな方法を探る」
















発表で終わるのではなく、その後の質問への対応も慣れてきたように感じました。



最後は理数科主任から講評ありました。

みなさんは数値でははかれない力が身についているのを感じていますか?
一年生から何回か課題研究や発表を重ねてきて、研究する力・発表する力・伝える力がすべての班において向上しています。
今後も、未知なるものに取り組む際には自信を持って挑んでください。
17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告
2019/01/12

【SSH】講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
1/22(土)14:30~越谷市北部市民会館にて
SSH講演会が行われました。
講師の先生は中島さち子さんに講演していただきました。
現在は世界で活躍するジャズピアニストですが、
女性では唯一、数学オリンピック金メダルを受賞しています!!



今回は 音楽 × 数学 × 教育 をテーマにお話ししていただきました。


会場の理数科の1・2年生、理系部活の生徒たちとやり取りをしながら進む場面もあり、最初は静かだった会場から、だんだんと声が上がってくるようになりました。


ピアノを使いながら解説していただき、
音の面白さを体感することができました。


数学の側面からのお話もみんなで考えてみます。


最後は、なんと会場の5人から一音ずつ選んだ5つの音を使って
即興で演奏していただきました!!



幅広い分野で活躍されている経験から、
現在の活動やこれからの時代に必要とされること、
また、どんな分野を追及していくにおいても重要なことなどを
各々が受け取ったのではないでしょうか。


講演後の生徒からの質問の時間では、たくさん手があがり、
学ぶことの多い講演会のになったと思います。
17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告
2018/11/28

【川の科学】(株)建設技術研究所グリーンインフラ学習会での発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
11月27日(火)15:00~、株式会社建設技術研究所 東京本社会議室にて実施された、
「グリーンインフラ学習会」にて、川の科学の研究成果を発表してきました。


09:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告
2018/11/19

【SSH川の科学】サイエンスフェアに参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
11月18日(日)
大宮ソニックシティで開催された高校生によるサイエンスフェアにて、川の科学での研究を発表しました。


開会式 多くの学校の高校生が参加しています。
09:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告
123
HOME > SSH