SSH指定校
 
HOME > 部活・生徒会> 文化部TOP> 美術部TOP> 美術部ブログ 

部活動

美術部
12345
2019/04/09

【美術部】ご来場ありがとうございました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
昨年度、3/22~25まで、越谷観光協会水辺のくらし館で、第12回美術部展が行われました。
遅くなりましたが、その様子をお届けします。



1,2年生 30年度卒業生の平面 立体作品 約40点ほど展示しました。



会期中 埼玉新聞の記者の方に取材をしていただきましした。
その記事が2019年4月9日付けで掲載されています。

お忙しい中、会期中 会場に足を運んで頂いた方々に感謝申し上げます。
今後とも、越谷北高校美術部をよろしくおねがいいたします。
11:05 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告
2019/03/13

第12回 美術部展

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01

第12回 美術部展を開催いたします。
美術部員の日頃の制作の成果をぜひご覧ください。
絵画(油彩 版画 イラスト)、立体等 1年生から今年度美術部に所属していた卒業生までが出品いたします。








会期:2019年 3月22日(金)12:00~17:00
                         3月23日(土)9:00~17:00
                         3月24日(日)9:00~15:30

会場:越谷レイクタウン 水辺のまちづくり館
   〒343-0828 越谷市レイクタウン4-1-4
       
  JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅 徒歩4分
09:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | お知らせ
2018/08/22

【美術部】上野の旅

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01

8/21日 美術部で東京都美術館で作品鑑賞と上野動物園スケッチを行いました。

東京都美術館では第14回世界絵画大賞展を鑑賞しました。
この展覧会は美術部部員が入選しています。
一般の方から大学生等、年齢制限無の全世界を対象とした公募展です。
総合画材点の世界堂が主催しています。



展覧会を鑑賞した後は上野動物園へ



ジャイアントパンダのシャンシャンの展示の列は80分待ちとブーム冷め止まぬ中園内を散策



部員達は各々スケッチをしています。

昼休憩をはさみ一旦講評会
午後のスケッチへ生かせる用に構図や視点を検討しました。



強い日差しの中動物たちはぐったりしていましたが、あまり動きが無いので、スケッチする分には丁度良かったのかも知れません。



ある程度スケッチを進め日陰で細部の描写をする部員もいました。




夏季休暇中の校外イヴェントはこれにて終了。

もうすぐ2学期です。

2学期は文化祭での作品展示や高校美術展とあわただしく1日が過ぎていきます。

体調管理に気を付け、学業と文化活動を両立して日々を過ごしていきましょう。


08:47 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 日々の出来事
2018/08/03

【美術部】画廊めぐり

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01
8/2に美術部の1.2年生で銀座の画廊をめぐり、絵画、立体作品を鑑賞しました。

最初に創業91年目を迎える日動画廊へ

「未来展」という関東の美術系大学(芸大、武蔵野美術、多摩美術、女子美術、日芸)に加え、東北芸工、筑波、広島市立の各大学より、学部生、院生、助手、卒業生の中から、30歳未満の作家数名を推薦し、発表するコンクール形式の展覧会を鑑賞しました。




少し年齢の近い作家の大きな作品や技術、また各大学の作家による表現の違いなど、肌で体感しました。

地下会場では、日本を代表する物故作家から若手作家の作品も一同に鑑賞できました。
美術の教科書に掲載されている作家の作品や、美術館で飾られているような作家の作品も鑑賞。




次に向かったのは ギャルリィ サロンド・エス

この展覧会はガラスを使った作品の展覧会

サハラ砂漠の砂を使ったオブジェや、月山の砂を使った花器など産地の違いによるガラスの発色の違いを学びました。
また、ガラスに描かれたガラス絵も観ることができ、ガラス絵特融の透明感あふれる表現にふれ、目から涼を感じました。



続いて
銀座柳画廊へ

ここでは、社長の野呂好彦さんに画廊の成り立ちをお話し頂きました。
また 副社長の野呂洋子さんには、鑑賞教育の重要性や、AIの発達により人間がこなす仕事の量が減るメリット、デメリット、そして人間しかできない事。美敵の判断のできる大人になるためには、など画商という職業を通して社会とのかかわり方をお話しいただき、作品の鑑賞をしました。


美術館とは違い、画商という職業も存在し、作家と画商、顧客といったマーケットがあるという事も知ることができました。

昼休憩をはさみ、午後は ギャラリーためながで開催されている藤田嗣治展を
現在東京都美術館でも開催されている 藤田嗣治のデッサンや油彩の下地や繊細に描かれた線を間近で鑑賞する事ができました。

最後は 高輪画廊

この画廊は文化功労者、洋画家 三岸節子のお孫さんの画廊で 常設展として 
 三岸節子 三岸好太郎 三岸黄太郎の作品を鑑賞

ひ孫にあたる龍夫さんにご対応いただきました。




熱い中たくさん画廊をまわり、一流の日本人作家の作品に触れる事が出来、今後の制作のヒントになるものを得られたのではないでしょうか?

お忙しい中大人数を受け入れて下さった各画廊の方がありがとうございました。
08:48 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/03/30

美術展終了しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員01


美術部展示、無事終了しました。
展示2日間で92名の方々がご来館くださいました。

部員たちがそれぞれ興味があるものに向き合い、作品を作り上げてきました。
それをこのような素晴らしい場所でご披露できることは、とても恵まれています。
当日ご来館くださった方々を初めとして、美術部活動を支えてくださっている保護者の皆様、その他関係の方々に感謝申しあげます。皆様ありがとうございました。




08:57 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 報告
12345
HOME > 部活・生徒会> 文化部TOP> 美術部TOP> 美術部ブログ